2016年

10月

21日

アトピーのこと

アトピーのことはとてもセンシティブな問題で、個人個人発症の

因がさまざまだと思いますし、お薬のことなども絡み、複雑に

なっていると思います。

 

ジェームズアレンの本で「原因と結果の法則」というのがありますが、結果には必ず原因があります(ないという説もありますが。。。(^^♪)

 

私は成人アトピーなので、長い間、ひとりで自分の因を探していました。

私の経験の範囲になりますが、日本の医療では、保険診療が当たり前で、ひとりひとりのケア方法や適切な処置はなかなかとってくれません。

 

渡米治療から3年弱。

「治療に行って勇気があるね」なんて言われたこともありましたが

正直言って、もうそれしかない、というギリギリの状態で

空港までひとりで行けないほど、身体も精神的にも大変でした。

 

そして、アレルギー注射と適切な医療で、私の肌と心は息を吹き返しました。

私の因もわかりました。(サイエンス的には春と秋のアレルギーがすごすぎる ヘルペス メンタル的には現状把握不足 抑圧、など)

 

最近は、手袋をしなくても家事ができる、とか、宿泊先のお風呂のお水(塩素のことなど)を気にせずにいい、とか、普通のひとは普通のことなんだと思うのですが、すごく感激します。

 

今年もドクターを呼んでくださり、講演会を開催してくださるようですので、お会いしに行きたいと思います。

詳細はこちら⇒http://a-association.com/406

 

お写真は、数年前の講演会で撮影していただいたもの。